介護士に転職しました

介護士に転職しました

自分は現在介護士を行っております。
しかしもともとは別の仕事をしておりました。
エンジニア関係の仕事を行っておりましたが人間関係などはうまくいかずに転職を余儀なくされました。
自分に何の仕事が向いているのかあれこれと検討をしました。
自分の祖母が高校生のときに脳卒中で倒れてしまい、家族で面倒をいろいろと見せさせていておりましたが、3年前から容体が悪化をしてしまい、入院をすることになったのです。
しかし最近の病院は長期の入院などはほとんど行っていないので、病院を転々としております。
これ以上入院させる費用もないということになり、自分は祖母の面倒を見ることができればと思い、3年前に会社を退職をして、専門学校に2年間通わせていただきました。
現在では大阪のヘルパーセンターで介護士をさせていただいております。
ヘルパーセンターのシステムは自社と契約をさせていただいているお客様の家に決められた曜日と日時の日に自分が足を運び、介護を行うと言うシステムです。
障害レベルによってことなりますが、自分が担当を行っている患者は多動性障害の方を介護しております。
多動性障害は症状は様々でありますが、基本的に、不安に駆られ、お手洗いを何度も行ったり、自分で後片付けなどができない方が多いのです。
そこで自分は、50代くらいの中年女性の部屋の後片づけなどを行い、カレーなどできるだけ長持ちをしてくれる料理などを作り、患者に最近は調子はどうかなどの質問を行い、カウンセリングを行っております。
自分はまだ介護転職をして間もないので、症状が軽い患者のお相手を担当させて頂いてますが、症状のひどい方になるとうつ病で自殺未遂を何度も行っている方や言語能力がとぼしい患者の相手などをさせていただいているようです。
やりがいとしては、人に役立つ仕事なので、患者の笑顔と祖母のめんどうを本格的に見ることができるということです。
つらさとしては、患者の中にはカウンセリングを行っている時に急に奇声をあげたり、大暴れをする患者もいるので、それをどうやって食い止めるかが悩みです。
求人などは自分が通っていた専門学校の求人票を確認して応募を行いました。